・積算・実行予算・原価管理の流れ

手書きは、やめて情報化 しませんか

公共工事入札・民間工事では、工事の積算・実行予算・原価管理との流れになっております。当社では、工事に必要なソフトウェアをご用意いたしております。

土木積算ソフト 入札・実行予算のために、ご利用ください。
            簡単に誰でも操作可能、安価(19万円台から)なソフトウェアパッケージをご用意いたしております。
実行予算  積算し実行予算を計画いたします。
原価管理システム 工事Proは、実行予算内で、工事が進んでいるかを、確認管理するシステムです。

「積算とは」

大きく分けて2つあります。
1つは、入札のための積算
2つめは、実行予算を立てる積算

・入札には、限られた時間内に積算を行わなければならないので、簡単に積算落札、契約後にあらためて、正確な積算を行い、実行予算を算出するのが一般的です。

・予定価格と最低制限価格の間の価格で決まるので、下手すると、積算しない場合、利益が出ない場合がございます。

「原価管理が重要な理由」

落札・契約後に、工事の進捗管理、原価管理が重要になります。

・工事前に算出した予算にたいして、工事中の出来高と費用を対比させます。
・契約後の実行予算を計算するところから、始まります。

「公共土木工事費の積算体系」

請負工事

・工事価格
・消費税

「工事価格とは」
・工事原価
・一般管理費など・・「工事原価x経費率」
会社の必要経費、試験研究費、公共工事適正利益

「工事原価とは」
・直接工事費・・「歩掛x単価」
(工事目的物の施工に直接必要な経費)

歩掛:施工単価ごとに必要な労力、資材、機材の数量を工事実態調査により標準的な値を決定

労務単価:賃金台帳をもとに実態調査で決定

労務賃金=基本日額+割増賃金

資材単価:市場の取引価格

機械経費:工事実績に基ずき標準的な価格を決定
・間接工事費

「間接工事費とは」
・共通仮設費・・「直接工事費x経費率」+つみあげによる計上」
(機械などの運搬費、現場事務所などの営繕費、工事現場安全対策に要する安全費など)

・現場管理費・・「(直接工事費+共通仮設費)x経費率」
(現場に常駐する社員の給与、労務者の交通費、外注経費、安全訓練、労働保険など福利費)

原価管理システムが、非常に重要なのが、お分かりだと思います。
工事が実行予算でおさまってるか?おさまっていないか?進捗はどうか?利益はどのぐらいか?などを工事Proの工事台帳で一瞬で把握できます。工事Proを導入することで、「スピード経営」が確実に実現できます。

お問合せ

会社名(必須)

 

お名前 (必須)

 

メールアドレス (必須)

 

郵便番号(必須)

 

ご住所(必須)

 

電話(必須)

 

FAX(必須)

 

ソフト

 

メッセージ本文